対人賠償や対物賠償の補償金額の決め方

自賠責保険では対人賠償において一定額の補償をしてくれます。しかし実際にはそれ以上の損害賠償が必要なケースが多く、そのためのお金を持っていなければ相手が困るでしょう。それに対応するためには任意の自動車保険に加入するのが良く、自賠責で足りない分の補償をしてもらえます。また対物の損害賠償は自賠責では対応していないので、そちらも任意の自動車保険で補うと良いでしょう。選び方としては補償金額をいくらに設定するかがあり、対人賠償も対物賠償も無制限で加入するのが良いとされます。数千万円や1億円等一定の金額を定めると多少保険料が安くなりますが大きく変わるわけではありません。損害賠償が数億円になるケースもあるので、無制限の方が安心できそうです。

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の入り方

任意の自動車保険は補償の範囲が広いので、ハンドルを握る者の責任として加入することが必要です。自分自身や搭乗者がケガをするケースがあり、事故後に治療費などの負担を減らすためにも何らかの保険に入っておきましょう。人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険はダブる部分もありますし異なる部分もあります。どちらも搭乗者に対して補償をしてくれますが、人身傷害補償保険は予め決めた上限を限度として損失分の給付が受けられる仕組みで受けられるタイミングはやや遅めです。搭乗者傷害保険は傷害ごとに保険会社が決めた給付が定額で受け取れ、医師の診断などの後早めの給付が可能です。どちらにも入るかどちらかのみにするかの判断が必要です。

自動車保険は、相手に怪我を負わせた場合の経済的なリスクに備えられるだけでなく、追加料金を支払うことで単独事故もカバーできるものもあります。