複数の決済方法を一つのシステムで利用可能

決済代行サービスの特徴して複数のシステムを簡単に一本化できるということが挙げられます。たとえば複数のクレジットカード会社と加盟店契約を結んだ場合、カード会社から提供される決済システムをまとめるため、ある程度、自社で決済に関するプログラムを作らなければなりません。そういったプログラムを開発できる能力があるならいいですが、まったくない場合は決済システムをまともに稼働させるためにプログラム作成を外注しなければならないでしょう。当然、その分だけ余計な費用がかかります。

しかし、決済代行サービスと契約した場合、はじめから複数のクレジットカードを扱えるシステムが提供され、それをオンラインショップに組み込む場合はきちんとサポートを受けられるので混乱せずに済むのです。

入金のタイミングもまとめられる

また、カード会社や交通系のICカード、QRコード決済などを導入するため、それぞれ個別に契約を結んだ場合、入金のタイミングがバラバラになってしまい、お金の管理が難しくなりますが、決済代行サービスならどの決済方法が利用されても入金のタイミングを一緒にできます。そのため、お金の管理がしやすいのです。

決済システム自体の管理も決済代行サービスでは容易になります。というのは、カード会社などと直接契約を結んでいる場合、システムのアップデートなどに対して自社で対応する必要がありますが、代行サービスを使っている場合はそのサービスにシステム管理を丸投げできるからです。

事業者と決済会社の間に入り、クレジットカード決済や銀行振込等をスムーズに行ってくれるサービスのことを「決済代行」と言います。このサービスがあるからこそ、様々な決済方法を利用して買い物ができるのです。